なには無くとも、お金があれば幸せになれる!

私は33歳の専業主婦です。住まいは茨城県の取手市にあります。
家族は3人で、主人と幼い子どもが1人います。

基本的にはネクラなので、他人とのたわいない雑談をするのもあまり好きではありません。仲の良い友達とも、年に数回会うかどうかという位です。

 

 

なので、主に家にいる時間が多いですが、家にいるのが大好きなので問題なく毎日過ごしています。家ではネットサーフィンをしたり、ワイドショーを見ながらぐうたらしています。専業主婦ですし特に仕事もしてないので、すぐに自分が自由に使えるお金は特にありません。

 

無職の私が言うのはおこがましいのかもしれませんが、我が家は主人が家計を全て管理しているので、私はお小遣いを貰えません。本音では、お小遣いが欲しいのです。けれど、働いてもいないし常に家にいるのだから、お小遣いなんていらないだろうと言われるのです。

 

 

 

主婦の行っている家事を時給換算すると、結構な金額になります。それなりの報酬を貰っても、私は罰は当たらないと思うのです。ですが、人間ですし家にいても欲しいものは沢山あります。なので、本当に欲しい物がある時は、独身時代に働いていた時に貯めた貯金を切り崩しています。主人はもちろん仕事をしているので、自分用のお小遣いは確保しています。

 

 

 

私だけ何もないというのは酷いと思います。むしろ私は、食費などをもっと減らしてくれないかと頼まれています。そうすれば、主人のお小遣いが増えるいう理由らしいです。ギリギリの所で頑張ってやっているのに、これ以上自分の趣味に資金を増やしたいからという理由で言われるのは、本当に腹が立ちます。

 

 

 

私には楽しみがないのです。ですから主人の給料がもっと増えれば良いのにと、毎日願っています。私も子どもが大きくなれば働きにいけるので、その日までは辛いですが待つしかないのです。今は税金でも何でも高くなってしまって、家族みんなが好きな事を出来て笑顔で過ごせる家庭はそう多くはないと思います。なので、もっと景気が良くなる事を切に願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です