月別アーカイブ: 2017年6月

標識ってなんであるの?コレ作ってよ!

車を運転しているとき、キチンと交通標識を見ていますか?はい、私は見ていませんでした。教習所で習ったはずなのですが、わからない標識がいっぱい・・・標識に限らずすべての物事に言えることですが、知らないと損をするんですよね。そして、共感してくれる人がいればこんな交通標識や安全標識、安全看板が実際に出来るのではないかと期待を込めて・・・

工事をしているときには、何メートル先で工事をしていますという安全標識が出ています。そのため、あーこの先で工事をしているんだなということがよくわかります。しかし工事をしている場所よりもかなり手前で、まだ安全標識も出ていないところ。しかし工事の影響を受けて、交通渋滞するところがあるのですね。そのような場合、なぜ交通渋滞をするのか理解できないことがあります。

交通渋滞があると、なんで渋滞しているの?とイライラすることもありますし、仕事で先を急ぐ人や約束の時間がある人などは、そのイライラ度が上昇することもあるでしょう。また工事中という理由がすぐに分かれば、渋滞の意味を納得できるのですが、理由がわからない場合、ただただ運転中に焦りを感じることが多くなってしまうのです。それを回避するためには、工事中という安全標識だけではなく、工事中により渋滞発生中などの安全標識があるといいなと思います。

早い段階でその安全標識を見ることにより、この道を回避しようと道を変える人もいるかもしれません。そうすると渋滞の緩和にもつながるでしょう。運転をしていると、やはりその精神状態というのは大切です。安全標識を上手に利用すれば、もっと安心して運転することにつながると思います。

よく分からない意味のない標識を作るなら、もっと意味ある標識を作ってよ!